国公立大学2次試験 心配のあまり大学まで付き添いました

大学受験

息子くんの受ける大学は家から少し遠くて(2時間ちょっと)、周りでは前日から宿泊する子もチラホラいる様子。

しかし、我が家は宿泊予約に完全に出遅れてしまい、近くのホテルは埋まっていて残っているのは高額な部屋ばかり。

少し離れたホテルにすると、結局1時間ぐらいはかかるようでわざわざ泊まらなくても良いかなという事になりました。

 

大学まで、最寄りの駅からはバスなどを利用することになりますが、ネットで調べてみると受験当日はバスを待つ列が数百人の大行列だったという書き込みなどを見て、心配になってしまいました。

結局、前日の朝にタクシーの予約を入れました。我が家からもっとも行きやすい駅は、大学からかなり離れているけれど、そこから大学までタクシーで行けば問題ないかなと考えました。

ところが、試験前日の夜10時過ぎにタクシーキャンセルの電話が…汗

受験当日は人や車が多くて、状況が読めないので予約は受けられないとの事でした。ギャー!

 

焦った私は、もう寝ようとしていた息子くんと話し合いです。

急遽行き方を変更し、大学から最も近くの駅に着く電車に乗り、そこから徒歩で大学に向かう事に。

この行き方だとかなり時間がかかってしまいますが、仕方ありません。

試験当日の朝は、息子くんをなるべく疲れさせたくないと思っていましたが、思い通りには行きませんでした。

 

息子くんは、大学まで一人で行くと言っていましたが、遠い道のりの途中で何が起こるかわかりません。

信用していないわけではないけれど、正直けっこうドジであわてんぼうだから、トラブルがあった時に心配で結局私も一緒に行くことにしました。半分強引にですけどね。

 

当日の朝は早起きして、まだ暗いうちに出発。

乗り込んだガラガラの電車には、我が家と同じような制服の男の子とお母さんが乗ってきて、これから受験に向かうような雰囲気の仲間がいて、ちょっと嬉しかったです。

途中電車を乗り換えて、大学の最寄りの駅に着くと人で溢れかえっていました。

バス停あたりも人だかり。

我が家は歩いていくと決めていたので、一目散に大学へ歩いて向かいましたが、歩いて大学へ向かう人が思っていたよりすごく多くてビックリしました。

途中何台かバスが通り過ぎていきましたが、どれも満員だったので大変そう。

歩いていくと決めていて正解だったかも。

大学までは結構な距離でしたが、まだまだ若い息子くん、全然疲れた様子も無く颯爽と大学へ入っていきました。

 

少し離れた所から見送り、とりあえずホッとしました。

大学まで送るなんて過保護かもしれませんが、寝ていて乗り過ごしたり電車の乗り換えを間違ったりして、遅刻して焦って試験を受けるよりはよっぽど良いかな。

 

東京の方では、JRが止まって2次試験に遅れ、試験時間の繰り下げがあったようですが、いくら繰り下げになっても受験生はかなり神経をすり減らして大変な思いをしたことと思います。そのことで影響がなければ良いのですが。

 

 

肝心な試験の出来は…

英語と理科科目は思ったより出来たけれど、一番配点の高い数学があまり出来なかったから数学次第との事でした。

結構落ち着いて試験を受けられたみたいで、その点は良かったです。

今年倍率が高くなってしまったけれど、どうなる事やら。

 

 

前期2次試験が終わってから、友達と久しぶりに遊びに行ったり、卒業式や打ち上げもあり、少し勉強から離れてしまっています。

ほぼ後期試験を受ける事になると思うので、まだまだ受験勉強は続けないとダメなのですが。

後期試験に向けて、気持ちが切り替えられるかな…。

 

↓応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

コメント