個別指導の塾にはどんどん相談やお願いをした方が良いと思う その2

高校受験

続きです。

夏期講習が終盤になり、いよいよA先生との授業は終わりに近づき落ち込む娘ちゃん。

塾とこれからの事を話しあった時、A先生は大学が忙しく夏期講習明けから塾に来られる日が減ってしまうので、やはりどうしても娘ちゃんの担当は出来ないとの事でした。

塾の方で、娘ちゃんに合いそうな先生を選んでみますという事だったので、お任せすることにしました。

 

娘ちゃん担当の先生が決定

中3の2学期

2学期が始まる直前、正式な担当の先生が決まりました。

決まった先生は、なんとA先生でした。

実は、A先生が娘ちゃんの性格や夏休みの様子を見ていて、この子はなんとかしてやりたいと思ってくださったそうで、A先生が塾に来る時間を早めて、娘ちゃんの授業の時間を作ってくださいました。

たいへんありがたい話でした。娘ちゃんは大喜び。

数学はA先生、英語はK先生に、受験までお世話になりました。

先生が変更になって、一番変わった事は塾に楽しそうに行くようになった事と、家で塾の宿題をする時に文句を言わず自分で早めにやるようになった事です。

わからない事があっても、先生がきっちりと教えてくれるので、不安が無くなったようでした。

以前の先生は、どうも質問がしにくい雰囲気だったようで、先生を頼れなかったのだと思います。

 

この頃は、決まった曜日に行って授業を受けて帰ってくるというだけで、自習には行きませんでした。

塾で2教科を教えてもらっている以外は、自分で勉強しなければなりません。

でも、娘ちゃんはスマホ大好きっこで、家にいる間はずっとスマホを触りっぱなし。ほとんど中毒です。

私が他の科目の勉強の事を言っても、反応はありません…。

心配になって、塾に電話して教室長さんに自習に来るように声をかけてもらえないかとお願いしてみました。

教室長さんには、自習のお誘いを時々していただき、それ以外でもよく話しかけていただいて、いつも気にかけていただきました。他の先生方も娘に話しかけていただくことが増えて、家で色んな先生の話をしてくれるようになり、いつの間にかすっかり塾のみなさんと打ち解けて、自習に通う事も少しづつ増えていきました。

 

12月ごろ、娘ちゃんは一度勉強が嫌になり、志望校のレベルを下げると言い出して、塾をサボったことがありました。

この時も、塾の先生が電話で直接話をしてくださり、娘ちゃんは塾へ行って話をして帰ってきた時には大分落ち着いて、また前向きになることが出来ました。志望校の事も色々と話をして、結局娘ちゃん自身が志望校は変えないと決めました。

 

冬期講習

いよいよ受験が近づいてきました。

冬期講習の授業はいつもより多めにとっていたので、ほぼ毎日1コマ授業が入っていました。なるべく毎日塾に通うように授業が1日に固まらないようにバラバラで予定を入れて欲しいと塾にお願いしておきました。

塾の授業がある日は、早めに塾に行って夜まで自習して帰ってきました。

しかし、通っている塾は年末年始や日曜日その他の定休日を合わせると冬休みの間に塾のお休みの日がとても多かったので、家に一日いる日が結構ありました。

娘ちゃんは塾に行ったときは勉強をしますが、家ではほとんど勉強しないという状況が続いていたので、見ていてハラハラしていました。

中3の3学期

1月は、始まってしばらくして学年末の定期テストがありました。

このころはまだ受験が近いという緊張感も無く、いつもの定期テスト前と同じく直前で詰め込み勉強。

なんとか目標点に届いたかなという感じで定期テスト終了。

 

1月の終わりごろ、じわじわ娘ちゃん焦りだしました。

公立の2月受験 と私立高校は3教科受験ですが、国語の勉強が捗っていません。

ほぼ毎日塾の自習室に通い、赤本を解いたり、問題集を解いてなんとか追い上げようと頑張りました。

受験直前期は、A先生がいつもより塾に来る日を増やしてくださり、自習を頑張る娘の面倒をよく見てくださいました。

緊張で毎日表情が硬かった娘ちゃんは、塾のたくさんの先生を緊張の渦に巻き込んで心配をかけたりしましたが、しょっちゅう家に電話をいただいたりして、フォローしていただきました。

おかげで、受験直前や発表の時もいつも塾に頼りっきりでしたが、私は大変心強かったです。

塾は頼れば頼る程、親身になって下さいました

当初は、今の塾を何度かやめようかと考えたことがありました。

しかし、色々と相談するうちにどんどん良い方向へ進んでいったと思います

うちの娘ちゃんの場合、不満があると家でよく愚痴るタイプなので、塾の先生や環境の事がよくわかりました。

これが、うちの息子くんのようにあまり愚痴を言わないタイプだと、保護者が塾の先生との相性の良し悪しなど気付かずにどんどん日が過ぎていく可能性があると思います。

そして、あまり成績が上がらない事に気づいても、子供が勉強が出来ないのだと諦めてしまう事もあるかもしれません。しかし、相性の合う先生と出会い、ヤル気が出たなら成績はきっと上がるはず。

どんどん塾を頼って相談して、子供に合う先生に勉強を見てもらう事が集団塾ではなく個別塾ならではのメリットですし、入塾してからも塾とマメに連絡をとっていく事がすごく大切だなと感じました。

 

↓応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

コメント